禄剛埼灯台(通称 狼煙灯台)

能登半島最北端、明治時代に造られ今なお現役の白亜の灯台。この岬は「海から見える朝日と海に沈む夕陽」が同じ場所で見れることで有名です。

(出典元:各施設公式HPより)

会場写真 - 1
住所 珠洲市狼煙町